歯石 プラーク 違い

歯石とプラークの違いとその除去方法について

スポンサーリンク

歯に付着した歯石とプラークは時折混同されることもありますが、この二つは元は同じでも異なる状態のものです。
まずプラークは歯垢ともいい、口内の細菌が飲食物に含まれる糖分を栄養源として作り出した粘つきのある物質のことを指します。
歯の隙間に付着していて一見食べかすのようですが、1mgに約10億個も細菌が存在しているとされる、いわば細菌のかたまりなのです。
そのため虫歯や歯周病の原因になりますし、最も細菌が活性化している状態なので口臭の原因にもなります。
一方歯石はプラークが唾液に含まれるカルシウムやミネラルと結びついて石灰化したもので、細菌の死骸のかたまりともいえます。
まるで石のように固くこびり付いており、自分で除去するのは難しいため、歯石になる前に歯ブラシや糸ようじできれいに取り除くのが望ましいでしょう。

スポンサーリンク

 

ではプラークはどのような点に注意して取り除くとよいでしょうか。
歯垢は食事に含まれる糖分を栄養として作り出されるため、歯の隙間や裏側、噛み合わせによく付着します。
食べ物が歯に付着して約8時間程で作り出されると考えられるため、食後の歯磨きは欠かせません。
磨きにくい所ほど、糸ようじなどを使って丁寧に磨くようにするとよいでしょう。
一方、歯垢は唾液と結びついて、二日ほどで歯石化してしまいます。
唾液腺に近い下の前歯や奥歯の内側に多く付着し、この状態になると通常の歯磨きでは除去することができません。
そのため歯科で除去してもらう必要があります。
石灰化したばかりであれば比較的容易に取り除くことができますが、しばらく経つと除去するにも時間がかかります。
歯が溶けてしまい除去後に出血したり痛んだりもしますし、歯周病から生活習慣病につながる可能性もあります。
したがって、3か月もしくは6か月に1回は歯科で定期検診を受け、取り除いてもらうのが理想とされます。
このように歯石とプラークの違いに留意して除去し、歯を健康に保つとよいでしょう。

スポンサーリンク