歯石 虫歯 なりにくい

歯石の原因と虫歯になりにくい人の関係

スポンサーリンク

歯石とは歯の周りに付いた石のようなもののことを言います。
これは、細菌の塊が唾液中のカルシウムなどと結合することによって発生します。
歯石自体はあっても問題はありませんが、周りに最近が住み着いて、歯周病などの原因になってしまいます。
歯周病は、放っておくと脳卒中や肺炎などの合併症を引き起こす原因にもなると言われていますので、ならないための予防はとても大切です。
通常のハミガキだけでは除去することが出来ないので、きちんと歯科医院へ行って除去してもらいます。
1ヶ月から3ヶ月に一度は定期的に診てもらうようにするとよいです。
早めに見てもらうことで、1回ですべて除去することができますし、常に綺麗な歯をキープすることも出来ます。
また、下の前歯の裏と上の奥歯が特にできやすい個所なので、日頃のハミガキでも意識して磨くようにしましょう。

スポンサーリンク

 

そんな歯石ですが、実はできやすい人は虫歯になりにくいとも言われています。
それは、唾液と関係があるためです。
先ほども書いたように、歯石は唾液中のカルシウムと結合することによってできます。
出来やすいということは、つまり唾液中のカルシウムが多いとも言えます。
唾液中にカルシウムが多いと、歯の再石灰化が起こりやすいということになります。
この時、歯の表面のエナメル質なども再石灰化され、修復されるのです。
簡単に言えば質の良い唾液のおかげで常に丈夫な歯に修復されているので、結果として虫歯になりにくいと言えるのです。
しかし、いくら虫歯になりにくいと言っても、先ほども書いたようにきちんとケアしていなければ歯周病になってしまうことがあります。
毎日のケアと、専門医での定期的なチェックで綺麗で丈夫な歯を守りましょう。

スポンサーリンク