歯石 歯磨き 取れる

歯石は歯医者で取れるが歯磨きによる歯垢除去も有効

スポンサーリンク

歯垢が石灰化してできる歯石には無数の小さな穴が空いており、そこを住処として歯周病菌が繁殖して歯茎の炎症や歯周病の進行の原因となっています。
これを除去するためには歯磨きでは出来ないと言われています。
その理由は石灰化した歯垢は非常に硬質であり、歯ブラシのような柔らかい素材では剥がせないようになるためです。
そのため歯石の付着を防ぐには、歯磨きによってしっかりと歯垢の段階で除去してしまうことが特に有効です。
石灰化した場合は歯ブラシによるブラッシングでは除去が困難であり、無理に強く磨くと除去できることもありますが、歯茎を痛める恐れもあるため注意が必要です。
出来てしまった歯石は歯医者に通えば簡単に取れるので、無理に自分で剥がそうとせずに歯医者にに任せるのが最適です。
できれば定期的に歯の検診に通い、その際に除去してもらうのが歯の健康のためにも重要となります。

スポンサーリンク

軽石のように穴が多く開いているため、歯周病菌が非常に溜まりやすいのが歯垢が再石灰化した歯石の特徴です。
歯磨きでは落とすことが困難なため、その対策として歯垢の段階でしっかりと歯ブラシでブラッシングをして除去してしまうのが最も良い歯周病対策として歯医者も推奨しています。
歯垢はプラークとも呼ばれるている細菌のかたまりであり、白色や黄白色のネバネバとした粘着力のある物質です。
これが歯や歯茎にこびりついて再石灰化すると除去が歯医者でないと難しくなりますから、歯垢を口内に増やさないことが重要視されています。
歯垢ならばブラッシングの方法を間違えなければ、簡単に取れるので確実な虫歯や歯周病予防に繋げることができます。
最近は歯石を自宅で除去できる器具も販売されていますが、最も確実な効果が望めるのは歯垢の時に歯磨きで取り除いてしまうことです。

スポンサーリンク